知りたいことがあった場合に、何から情報を得ますか。

言葉の意味などで知りたいことがあった場合に、家族に問い合わせたり、知人に問い合わせたり、専門家に問い合わせたり、スマホなどでインターネットで検索したり、さまざまな情報の取得方法がございます。
知らなかったことを知るのですから、ほとんどは良いことだと思われます。ただ、自分の悪口を言われていることなどはあまり知りたいと思いませんので、知らないことをすべて知るということも問題です。
スマホを持っている人なら、知らない言葉などを一度は検索してみたことがあるのではないでしょうか。インターネットでも、かなり多くの情報がありますので、そこで解決することも多いかと思われます。しかしながら、家族でないと分からないことや専門家でないと分からないことなど、特定の人しか知らないこともございます。
家族ならば聞きやすいかもしれませんが、知人でもない専門家などから教えていただくのは、ハードルが高くなります。専門用語でご回答されることも想定して、ある程度の知識を持っておかなければ何を話しているのかさっぱりわからないといったことも出てくるでしょう。知らないことだらけの分野の情報を得るには、独学で浅いレベルの知識を調べておくと良いでしょう。http://www.atsound.jp/

LINEは現在最も利用されている連絡手段

LINEはアカウントを作成すれば、スマートフォン、タブレット、パソコン、どれでも利用できるSNSアプリです。
メールや電話に変わって現在最も利用されている連絡手段となりましたが、どうしてこんなにも人気なのでしょうか。

LINEが登場する前までの連絡手段と言えば、ショートメールや電子メールが主流でした。
「おはよう」や「7時に帰るね」といった会話もメールで行われてきましたが、もっと気軽に挨拶を交わせるチャット形式のやり取りが利用者に受け、LINEは爆発的に普及しました。
メッセージの受信と送信を別々に管理するメールとは違い、LINEのトークはまるで会話しているかのように2人のやり取りが、画面上に順番に表示されるので、老若男女誰でも直感的に利用しやすくなっています。
また、豊富な「LINEスタンプ」で気持ちを絶妙に表せることや複数人で会話できる「グループ機能」も魅力的です。
そして、電話料金が別途かかる音声通話を、データ通信料金のみで通話まで可能にした「無料通話」もLINEが普及した要因といえるでしょう。

しかし、上記機能だけなら他のSNSサービスにも搭載されています。
他にはないLINE最大の魅力と感じるのは、相手がメッセージを読んだ事を表示する「既読通知」です。
メールの場合、未読/既読の判断は送信者にはできませんが、LINEは相手がメッセージを読むと即座に通知されます。
LINEの勝因は、発想力と利便性だと思います。

つくりおきが流行っていたが最近は半つくりおきが流行り始めている

特化した本も発売されて一大ブームとなったつくりおき。後日食べるための料理を前もって作り、冷蔵もしくは冷凍して保存しておくことです。週末につくりおきすることで、平日の家事楽になることから、仕事や子育てに追われる主婦の方を中心に人気となりました。
つくりおきという言葉が定番化してきていますが、最近また新たな言葉を耳にするようになりました。それが半つくりおきです。つくりおきと何が違うかというと、半という言葉が表しているように完全な状態ではないということです。つくりおきは、すでに食べられる状態の料理を作っておく意味合いで使うことが多いのですが、半つくりおきは料理の下準備をして途中まで作っておくのです。
例えば、ハンバーグのタネを作り丸めた状態で冷凍しておくと、食べる前に焼くだけで済みます。野菜やきのこを切っておき、保存袋に入れておくと使いたい時に取り出して、炒めたりスープに入れたりでき便利です。最後の完成は食べる直前に行うことで、その日出来立てを食べることができるという利点があります。また、面倒な下準備は済んでいるので調理時間は短く済みます。
つくりおきと半つくりおきを両方うまく使うことで、より家事を楽にすることができるかもしれません。