にょきにょき生えるニラから始まる持ち家菜園

今年も我が家のちっちゃな畑もやっと発動といわんばかりに、成分を撒き苗を植えてやり方をいれているのだけれど、もっともはや役割できそうなものがあります。
それはニラ。

ニラの最大なこと
役割しても役割しても直ぐ伸びる!
家菜園では余程上手に育てないと幾らか小さめのニラができあがるのですが、刈ってもあすには在るのがうなずけるいのち才能。
水と肥料を十分に与えていれば、春からスノーが降るまで役割を繰り返せます。
刈るたびに少しずつ痩せていきますが、そうしたら株を寝かせると来季には復活します。

病気知らずで非常に丈夫!
サビ疾病という病気はありますが、露地生産ではさほど見るものではないだ。
せめてアパートでは何らやり方をかけていませんがニラだけは平年元気そのものです。
何か病気や害虫にかかってもとりわけその部分を刈ると何事もなかったかのように伸びることも数多く、また繰り返すのも簡単なので悪い部分を引き抜くのも気楽にできます。

ウイークポイントは成分からのスタイル、役割まで2歳陥るくらいで、何とか適当に育てても育つ著しい野菜だ。
生えるものを見るとどうもただの草にしか見えないのですが、野菜を食べたい藤四郎には絶対にお求め望むバリエーションだ。キレイモ 脱毛